スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

東京タワーの見え方に異変

「東京タワー、郊外からよく見える」…都心乾燥が原因?

東京郊外からの東京タワーの見え方に異変が起きている。

 半世紀近く富士山と東京タワーの目視観測を続けている
成蹊中学・高校(東京都武蔵野市)の気象観測所によると、ここ数年、
富士山を望める日数に大きな変化はないが、
東京タワーの見える日が急増したという。

観測所では、都心のヒートアイランド現象が影響していると見ている。

 同校では関東大震災の後の1926年、教師や生徒が気象観測を開始。

 42年に管区気象台の補助観測所に指定され、76年にその業務を終えた後も、
教育の一環として観測を続けている。

 同校屋上から富士山(南西約85キロ)、
東京タワー(東約17キロ)の観察を始めたのは63年1月。

毎朝9時、肉眼で見えるかどうかを記録してきた。

 観測所の責任者を務める宮下敦教諭(49)によると、
63~2008年で目視できた平均日数は、1年に富士山が70・8日、
東京タワーは122・5日。ところが昨年は、それぞれ96日と244日で、
東京タワーは観測開始以来、最多を記録した。

 富士山の見える日数に大きな変化はないが、
東京タワーが見える日はここ数年、200日前後で推移。

 70年代は100日前後で、それに比べると倍に増えている。特に、
冬場に見える日が増えたという。

 遠くの物がよく見えるのは空気が乾燥してもやが減るため。

 冬場の太平洋側は、乾いた季節風が吹き込むために乾燥しがちだが、
70年代よりも増えているのは、大気汚染が改善されたことに加え、
冬のヒートアイランド現象が関係しているとの見方が出ている。

 例えば、1月の平均最低気温。気象庁によると、
この50年で都心部(東京・大手町)は3・77度も上昇している。

 これに対し、8月の平均最高気温は0・23度しか上昇しておらず、
ヒートアイランド現象は意外にも冬の方が顕著だ。

もやの原因となる空気中の水蒸気は、気温が上がると地表から逃げる。

このため空気が澄んで、都心側の見通しがよくなったという仮説が成り立つという。

カテゴリー: トッピック | コメント: 0 | トラックバック: 0


この記事へのコメント

コメントの投稿

非公開コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。