スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: スポンサー広告

北朝鮮、ミサイル発射 「人工衛星」と発表

北朝鮮は五日午前十一時半ごろ、
日本海側の咸鏡北道舞水端里ムスダンリの施設から
「テポドン2号」の技術を利用した長距離弾道ミサイルとみられる
飛翔ひしょう体を一発、発射した。

政府によると、秋田県と岩手県の東北地方上空を通過し、
一段目は秋田の西約二百八十キロの日本海、
二段目は太平洋上にそれぞれ落下したと推定される。

自衛隊はミサイル防衛(MD)システムによる迎撃措置を取らなかった。

日本領域内への落下物は確認されておらず、
航空機や船舶を含め被害も出ていない。

 北朝鮮は通告通り「人工衛星」の打ち上げに成功したと発表した。

政府は米国と連携し、
海上自衛隊イージス艦などで収集したデータの分析を進めている。

 麻生太郎首相は「極めて挑発的で看過できない。

国連安全保障理事会の決議違反は、
はっきりしているので国際社会と協力して対応したい」と記者団に表明。

政府は北京の外交ルートを通じ北朝鮮に厳重に抗議した。

 政府関係者は「今回発射されたのは、
米アラスカ州を射程に収めるとされるテポドン2号の改良型との
認識が政府内で共有されている」と述べ、
仮に人工衛星打ち上げ目的であっても安全保障上の脅威と分析。

政府は「弾道ミサイル計画に関連するすべての活動停止」を求めた
国連安全保障理事会決議に違反するとし、安保理での新決議採択を目指す。

 浜田靖一防衛相は記者会見で「人工衛星かどうかは分析に
少々時間がかかる」と述べた。

 発射情報を受け、政府は直ちに首相官邸に対策室を設置し、
関係閣僚による安全保障会議を開催した。

麻生首相は
(1)落下推測海域を航行中の船舶への警戒呼び掛け
(2)上空を通過した地域に重点を置き、被害がないか一層の安全確認
(3)米韓はじめ関係各国と連携した対処―を指示した。

 防衛省によると、飛翔体発射を最初に確認したのは米早期警戒衛星。

二段目の太平洋上の落下地点について
日本の東約千二百七十キロと予測した直後に取り消した。

その後、これを撤回し「分析中」と訂正。

日本の東約二千百キロの太平洋上まで二段目をレーダーで追尾したと説明した。

 北朝鮮は一月末ごろから、発射に向けた動きを活発化。

三月十二日に国際海事機関(IMO)に対し四月四―八日に発射すると通告し、

三月二十五日には発射台にテポドン2号とみられる

ミサイル設置が確認されるなど準備を進めていた。

とくに事故等なくホット一息です。


カテゴリー: トッピック | コメント: 1


この記事へのコメント

ご訪問いつもありがとうです。

返信送れて申し訳ない。

ミサイル発射されてた時には
不覚にも羅山は夢の中でした。

寝たまま三途の川を渡らずに済んでヨカッタデス^^;

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。